書翰集のランチ

先日、穂高有明にある書翰集に行ってきました。

以前、フォト仲間とは行ったときには、ランチは別で済ませてあったので、コーヒーのみだったのですが・・・。

いつかランチを食べたいと思っていたのです。

偶然?というか、必然?というか・・・(二人で予定していたことがなくなってしまい、ぽっかり空いてしまったので…)ランチに行こう!とRちゃんと。

二人とも午後からは、子供の授業参観。だからそれまでの時間。

このお店は、森の中にある静かなコーヒー屋(豆も売っているので、中に入ると、コーヒーのいい香りがします。)なんですが、ランチが、ワンプレートで、いろ~んなものが乗ってくるんです。これを見たくって。

すごいでしょ。一枚のお皿に、いっぱいのおかず。  この日のメインは、きっと、お魚のきのこあん(手前)、そしてキッシュもあれば、切干大根の煮付けや、花豆の煮豆やさらには、漬物まで…。ホントいろんなおかずがいっぱい乗っかって、楽しかったです。
そして、ご飯と、おっきなお椀に入ったお味噌汁。 コーヒー屋のランチとは思えない?

私たちは、コーヒーではなく紅茶にしたのですが、これまた美味しかったです。

コーヒーも紅茶もいろんな種類があり、選ぶのが楽しいですよ。

穂高のお店は、これから冬休みに入るお店が多いので、今のうちに行っておかないと!

書翰集のランチ” への2件のフィードバック

  1. おはようございます!
    ランチに行ってきたのですね~
    ワンプレートにたくさんの種類のおかずが乗っていて魅力的♪
    女性には嬉しいですよね・・・。
    私はkazumi先生たちとご一緒してから
    まだ再訪問してません。
    穂高のお店、11月いっぱいに楽しんでおかないといけませんね。

  2. marikoさん、こんばんは!
    また一緒に行きましょう!春になってからかな~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です