巣立ちの春

昨日は、次男の大学卒業式の日でした。

普段とあまり変わりのない朝食を食べ、卒業式に出かけていきました。
そして三男も春休みになってはいますが、学校へ行きました。

私は、冷凍してあったパンを解凍し、作り置きのおかずを挟んでお昼にしました。

長男のときには、入学式も卒業式も行かなかった(そもそも大学の式に親が出るとは思っていなかった)ので、どんな式だったのか知らずのままでしたが、次男のときには近くでしたし、興味深さで入学式には出席し、盛大なものなのだなあ、となかなか感動した覚えがあります。
信州にしては桜の開花も早く、満開な桜に囲まれた入学式でした。
そして、卒業式
ここ数年はコロナの影響で本人のみの出席
ありがたく卒業式の様子が配信され、自宅でパソコン越しに学長の社会に出る息子をはじめ卒業生へ送るはなむけの言葉を拝聴させていただきました。
大学時代ほぼ半分コロナ感染症の影響で仲間と共に過ごす時間を制限された彼ら、これからもまだまだ訪れるであろう困難に強く柔軟に立ち向かい対応していってほしいです。

そんな映像を見ながら、息子への手紙を書きました。

夜ご飯は食べたいといわれたものと喜ぶかな?ってもので
煮魚といなり寿司とちらし寿司と野菜炒め等々

そして巣立ちの朝

ちょっと早起きして
形はメロンパン、中に桜あんを包んで春らしいパンを焼きました。
名前何にしよう??

電車で食べてくれるといいなあと

行ってらっしゃい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。