切干大根を使って

寒さの影響か、お野菜の高値が続いていますね~。

そんなとき便利なのが、乾物類です。

今回は、乾物野菜の切干大根を使ってのレシピ紹介です。

メインにも、あと1品!にも、なる、切干大根の卵焼きです。

<材料>  4人分
切干大根      30g
素干し桜エビ    5g
ゴマ         大さじ1
卵          4個
塩、こしょう    少々
ゴマ油       適量  

<作り方>
①切干大根は流水でもみ洗いをし、水気を切って短めに切る。(長く水で戻さなくてOK)
②①をフライパンに油を入れて炒める。空いているスペースで、エビも軽く炒めると香ばしさUP。
③溶き卵に、②を入れ、フライパンに油を熱し、適量流し入れて両面焼く。

切干大根は、カルシウム、食物繊維の多い食品です。

さらにお酢と一緒にとると、カルシウムの吸収が、高まります。

そこで、甘酢あんを・・・
砂糖大さじ1、酢大さじ2、醤油大さじ1、ケチャップ大さじ1、水大さじ4をあわせて火にかけ、水溶き片栗粉で、とろみをつけて卵焼きの上にタラ~っと。

分量多めにして、ご飯に乗っけて、どんぶりにしても♪  

煮物だけじゃなくこんな風にも、是非~♪

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です