Blog

ぱおぱおのおうちで

今日は、三郷にある子育て支援施設ぱおぱおのおうちで簡単パーティ料理のお料理教室をしました。
簡単に作るところを見ていただくくらいでしたが・・・。

ぱおぱおのおうちは、三男がちょうど2歳ころできた施設で、保育園にあがる前時々遊びに行かせていただいたところです。
昨年、おせち料理教室をやってほしいとの依頼を受け、今年もお声がけをいただいたのです。

たまたまスタッフのお一人と学校の文化祭でお会いした時に、「今年もまた依頼行くかもよ~」と言われた時、12月は予定いっぱいだったので、日にちによってはどうかな~???と思っていたのですが、ちょうど空いていてお受けすることができました。
まだまだちっちゃい子を抱えたママたちがこれなら作ってみたい!と思えるような簡単なものを!!で

簡単かつ!応用もきくものを。

簡単にデモンストレーションした後は、みんなで会食。

スタッフの方々が、ランチプレートにしてくださり

お子さんと一緒に。


こちらはわたし用に用意してくださったものです。

とってもにぎやかな中、今日も楽しくお料理教室できました。

ぱおぱおのスタッフの方々、たくさんの準備をほんとありがとうございました。

あづみのキッチン親子料理教室

今日は、安曇野スイス村ハイジの里食育ルームにて、JAあづみ主催あづみのキッチンの日でした。

さすがに12月はクリスマスメニューという事でか?
申し込みが始まってすぐに満席状態になっていたとのことで、とってもにぎやかな1日でした。

今日のメニューは、
チキンナゲット、
リースサラダ、
ブッシュドノエル
です。
主食には、ツナピラフをこちらで作ってお出ししました。

今日は、いつも来てくれている親子さんや、全く初めての親子さんもいましたが、皆さん楽しんでもらえているようでよかったです。
家族参加してくださった方々や、お父さんと来てくれた子も今日は数人いて、クリスマスには、みんなで手作りクリスマスを楽しみにしてくれているのかな~と、とっても嬉しい気持ちになりました。

普段はあまり大きな声を出してレッスンすることなんてないのですが、ハイジの里での教室では、いつのも3倍くらいの声は出してやらないといけないのでそんな点ではちょっぴり疲れもしますが、やる気満々の子供たちに囲まれ、そんな元気をもらってとっても楽しく教えることができているようです。・

子供さんたちも、おうちでもよくお手伝いしているの~?って聞くと、うん!って答える子もいますが、うちではお片付けも楽しくないけどここでは楽しい!!なんて言ってくれて、とっても丁寧にコンロの周りをお掃除していたりしていた子も。

この時期ともなると、陽が沈むのも早く午後の教室参加の方々が帰る頃にはすっかり暗くなっていましたが、皆さん、また来ま~す!とか、またね~とか、みんなとってもいい笑顔で。

おうちでのクリスマスはどんな風に過ごされるのかな~?今日作ったものを参考に何か作ってもらえると嬉しいな♪

さてさて、来週は、子供さん対象の日です。

どんな子たちにに会えるか、またまた楽しみです!

穂高神社の神竹灯(かみあかり)へ。

今日は、だんだんとすっきりとした空になってきた安曇野です。

うちの干し柿もいい風にあたり順調に小さくなってきています。

昨日から穂高神社で行われている神竹灯(かみあかり)を見に、夜行ってきました。

昨年、三男と二人で点灯の時から行き、とってもきれいで良かったので、今年も行けたら行きたいな~と思っていました。

次男にも見せたいな~と「、行こうよ。」と言うと、始めは「行かない。」との答えだったので、そっか~・・・
でしたが、そのうちにやっぱり行く!と言ってくれたので、息子二人を連れて見に行ってきました。(主人は仕事でしたので・・・。)

一万本の竹灯籠に灯された明かりが幻想的な明かりを放つ中、安曇野FMのパーソナリティでもありシンガーさんでもある臼井則孔さんや花村佑子さんの素敵なな歌声をBGMがとても耳に心地よかったです。

なかなかしっとりといいものですよ。

明日までの開催です。
まだ暗くなる前に行くと、点灯もできますよ。

でも、寒~いので暖かく・・・。
(息子、ろうそくの火に手をかざし、あったか~と。

すっきり晴れた夜空には、満月に近づいた月が、とってもきれいでした。

なんだか今日は、今日のうちにあれもやってこれもやって・・・、明日の分の買い物で、私このコーナー買い占め??っていう買い物して(笑)
な~んて過ごしていたけれど、ほっと落ち着けた気がしました。

明日、明後日と、あづみのキッチン、そして、三男が、まだ2歳くらいの頃に時々遊びに行かせていただいていた子育て施設での料理教室があります。

さあ、笑顔で乗り切ろう!!

シュトレン作り

ここ数年、12月のレッスンでは、シュトレンをクリスマスプレゼントとして皆さんにプレゼントしています。

あのシュトレンレッスンしませんか?やりたいです~!のリクエストから、2日限定でシュトレン作りの日を設けました。
今日、明日がその日なのですが、(すみません、特に募集かけませんでした)

皆さんで作るのは、シュトレンのみ。

でも、ただただ時間のかかるものなので、ランチしながらやりましょうね~と。

適当な時間でランチタイム

そして、食べ頃になった事前に作っておいたシュトレンをデザートで。

やっぱり美味し~♪   うれしい一声ですね~。

よかった~。喜んでいただけて。

持ち帰った生地、皆さん焼けたかな~。

さ~て、これで休みない日々が始まります。頑張ろっ!!

収穫祭へ

今日は、地域の小学校の5年生の米作りの収穫祭があり、行ってきました。

3年前から地域の小学校内の食と農の同好会に入っていて、もう息子は中学生ですが、今年度もとしてできるときなんですが、作業に参加させていただいています。

そして先日こんなかわいい招待状が。

今朝はまた霧が濃くなかなか晴れてこなかったのですが、始まる頃にはこんなすっきりとした空が。

集合した昇降口からの景色です。で~んと、そびえたつ常念岳が校舎の間に。

そして、係の子供がこちらへどうぞ!と。


準備の整った収穫祭の体育館へ。

息子たちの通った小学校では、数年前(確か今高校3年生の次男が5年生の頃)から合鴨農法でお米を育てています。
ありがたく、そういう農法で実際に農業をされている方々がいるおかげもあると思います。

合鴨農法、合鴨ちゃんがお米につく虫などを食べてくれ、農薬を使わずにお米を作る方法です。

子供達は、お米を育てるだけではなく、お米が元気に育つために、合鴨にお手伝いをしてもらいます。

でも、お米がある程度大きくなるともう合鴨の役目は終わり、今までありがとう!という事になります。

ですから、今日のような収穫祭ではお米が無事収穫できた喜びと、大活躍してくれた合鴨へ感謝の気持ち、お米作りにかかわってくださった方々への感謝の気持ちを込めて、おはぎと鴨汁をいただきます。

また、春から米作りにかかわってどんな学習をしたか、どんな気持ちの変化があったかなど、立派に発表していました。

さて、今年は、鴨料理がとっても豪華!
穂高でカフェをされているnableさんのシェフが。

とっても美味しくいただきましたよ。

シェフをはじめ、調理などお手伝いくださった保護者の方々、ありがとうございました。

毎年5年生が、総合的な学習としてお米作りをしていますが、
こんな活動を通して、自分たちの食べる物がどんな風に育っているのか?
どんな風な育て方が自然なのか?
そして、育ったものが口に入るまでどれだけのひとの手など手間暇がかかるものなのか?
どんなものを食べるとよいのか?
まだまだいろいろありますが、

いろんなことを感じ取っていると思います。

欠かすことのできない食べる事、そんなことに少しでも関心をもって育っていって欲しいな~。
そんな気持ちで
お手伝いさせていただいています。