イスタンブールでのあれこれ

8月後半5日程、主人の仕事に付いてイスタンブールに行っていました。
滞在中半日雨となりましたが、ほぼいいお天気で街歩きを楽しむことができました。
気候的には、住んでいるここ信州と似ているかな?といった感じでした。
街なかには、そのころこちらでも咲いていた百日紅やマリーゴールド等々・・・。

買い物、観光、食事、歩きながらたくさん写真を撮りました。

まず街の様子です。

イスタンブール街中

平日でも外には人があふれています。
観光客もいるんでしょうが。
車も多いです。
道を渡るのもひやひや!右見て左見て右見て・・・・きりがない感じです。
今渡る!で渡るイメージです。

百日紅

犬や猫

猫をよ~く見かけました。

たくさん歩きましたね~。

そしてたくさん食べました。

ケバブサンド

ドネルケバブです。ドネルとは周ること、ケバブは肉です。
街なかよく見かける光景です。

サバサンド

海の近くのレストランでサバサンド食べました。
そんなに固くないバケットにサバの塩焼きとレタス、玉葱サンド!
え?って組み合わせですが、美味しかったです~(^^♪

この海では、釣り客がたくさんいて、橋の上からみな釣りをしてるの。

サバ釣り

昼食べた近くのレストランで夜も食べました。昼歩いていたらすごい呼び込みだったので。
でも結局、隣の隣くらいのお店にしたんですけどね~。
どこのお店も呼び込みがすごいです。
どう交渉してはいるか?ですよ。
でもたいてい、20%引きにする、そのあとどうするか?フルーツサービスする!とか。

海の近くのレストランで

メニュー選ぶときこんな風に持ってきてくれました。
海の近くのレストラン魚

だんだん日が落ち、海向こうの旧市街の綺麗な夜景が。

海の近くのレストラン外の様子

食べ物に戻ります。

ツボのシチュー

これは、テスティ・ケバブといって、ツボを割って、中のシチューをお皿に盛ってくれます。
2件のお店でこれを食べましたが、割り方が違いました。

ツボの肉シチュー

こんなジュースも

ザクロジュース

ザクロジュースです。
ジュっと搾ってコップに。すっぱいです。でも美味しかったです。オレンジとのブレンドもできます。こちらのが飲みやすいかな~。

スイーツのお店にも。

スイーツや

ケーキやカップに入ったプリンムース系の大きいこと!
焼き菓子はピスタチオやクルミの入ったものが多いです。

チャイも何倍も飲みました。
チャイというとスパイスとミルクと一緒に煮だす紅茶しか知らなかったのですが、トルコのチャイは、普通の紅茶でした。ちょっと濃いめの紅茶かな?

チャイティー

お店で頼んで飲んだりもしましたが、買い物途中に、お店の人が出してくれます。

コーヒー(トルココーヒー)も飲みましたよ。
(写真がなかった!)
小さなデミタスカップに濾さない状態のコーヒー。
甘くして飲みます。
飲むと粉が残るのですが、その残った粉の状態を占うコーヒー占いもあります。

では、バザール(マーケット)での買い物様子。

スパイスや

嬉しくなってしまうようなお店です。
スパイス、ハーブ、スイーツ等々。
お茶も試飲させてくれました。
まあ、どこも客寄せがすごいです。
日本語も堪能でいらっしゃって。

イスタンブール、トルコ、西洋と東洋が混ざった・・・・。
まさにそんな感じでしたね~。

長いですね~…。さら~っと、ながしてくださいね。

1日、イスタンブールから飛行機で約1時間、世界遺産であるカッパドキアに行きました。
こちらは、とってもとっても日本語のお上手なガイドさん付き!
歴史にとても詳しく素晴らしい!

こちらはまだすごい世界でした。

カッパドキアの景観を決定づける奇石群。数億年前に起きた火山の噴火によるものだそう。
火山灰が堆積してできた凝灰岩は柔らかいのですぐに風化し、硬い溶岩層だけが残ったようです。
水と風の作った光景なんですって!

カッパドキア風景2

カッパドキア風景1

カッパドキア風景

地下都市です。
地下都市

野外博物館

ぼこぼこ穴の開いているところは、貯蔵庫です。
レモンや、ワインやらの保存場所なんですって。
カッパドキア、乾燥していました。

カッパドキア食事したところ

なんとも不思議な光景で、時間も場所も超えてどこに迷い込んだ!っていう感じでした。

私

まあいつも思う事ですが、歴史もっと勉強しておけば!でした・・・。
そうすればもっともっと楽しめるのかもです。

帰国して、季節も秋へと移行し、夏の思い出として振り返ってみました。
簡単ではありましたが、長い旅日記お付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です